教授

仲座 栄三EIzo NAKAZA

enakaza @ tec.u-ryukyu.ac.jp

略歴

  • 2016琉球大学付属図書館長
    DIrector of the University Library
  • 2013琉球大学副学長
    Vice President
  • 2010琉球大学学長補佐
    Assistant president
  • 2008琉球大学島嶼防災研究センター長
    Director of the disaster prevention research center for island regions
  • 2006琉球大学工学部教授
    Professor
  • 2003ハワイ東西研究センター客員教授
    Visitting Fellow
  • 1996琉球大学工学部助教授
    Associate Professor
  • 1985琉球大学工学部助手
    Accistant Professor
  • 1958宮古島に生まれる
    born in MIyako Island

工学博士 Doctor of Engineering 専門 海岸工学・防災工学・水工学 ・沿岸環境 Coastal Eng., DIsaster Prevention Eng., Hydraulics, Environmental Eng. 特に、沖縄の海岸防災、沿岸環境保全の研究に従事、 関連論文多数。震災後は、「類推、沖縄における大津波災害」 など各地で講演を重ね、防災及び減災活動を行なっている。

Coastal, Hydraulic, Dsaster-Prevention, and Environental Engineering In particular, he engaged in educations and researches on coastal disaster prevention and coastal environmental conservation in Okinawa. After the 2011 Tohoku Tsunami disaster, he has repeatedly been presenting so many lectures at various opportunities, on "the huge-tsunami disaster in Okinawa", and been suggesting disaster prevention and mitigation activities. Numerical simulations on river flooding and wave phenomena along coastal areas are the current topics. He has also been publishing many papers on the related fields.

研究・プロジェクト

  • GISを利用した災害情報・防災研究情報の集約
  • 津波や急激な河川増水による段波などの流れと構造物の相互作用の研究
  • 再生可能な自然エネルギー生成ファーム形成のための海洋調査研究
  • 沖縄本島周辺海域の流れ・波および栄養塩動態の特性解明
  • 河川・沿岸の防災研究
  • 環境計測・防災システム機器開発
  • 新たな弾性理論に基づく新しい応力評価法の開発
  • 水圏における物質動態に対する多様な生物応答
  • 河川・海岸・海洋の流れのシミュレーション